フィリピン「珍(ぽ)道中記」by moro 第1話

このブログは、フィリピン パラダイスに投稿されたmoro氏による2006年の記事です。

フィリピン「珍(ぽ)道中記」

この物語は、僕がピリピンに旅行へ行った時のお話です。 4つのキーワード「母乳」「強盗」「成り上がり」「まさかの4P」 で物語を構成しております。

話の途中に僕のお友達(HN)が登場して参りますが ご理解のほどを宜しくお願い致します。

ではどうぞ!

3月17日、今日は待ちに待った渡比の日です。

さてさて、荷物の準備でも始めまスカイ…。

あっ!電話だ…。

「えっ!お客がゴネてるから現場に来て欲しいだと?」

何もこんな日に…と思いながらも現場へ急行し、ソクソク… じゃない、サクサクとお客を黙らせて、無事にMAKUちゃんと待ち合 わせ場所の上野へ行く事が出来ますた。

今回の旅は、MAKUちゃんのお友達『俊さん』も一緒です。 先に上野に着いた僕らは、マックで暫しのご歓談をしておりますた。

それからMAKUちゃんから連絡があり、今から家を出るらしく 先に京成上野へ行ってて欲しいとの事。

合点承知! 僕らは先に乗車券を買い、スカイライナーにノリツッコ ミ…じゃない、乗り込みMAKUちゃんの到着を待って居ますた。

…………数分後…………

どーやらキリキリ…じゃない、ギリギリの時間になるらしく、最悪は 次の電車に乗るとの連絡が…。

ここで俊さんと打ち合わせをし、彼を成田で松たか子…じゃない、 待つ事にし、彼が到着したら「これでもかっ!」つう位に罵声を アワビ…じゃない、浴びせてやろう!つう事にしますた。

…………更に数分後…………

僕らの思惑とはウラハラに、彼は汗だくで登場しますた。

移動中に妙ちゃんから引っ切りなしの『早く来て~』 コールです…。

待て待て待てーーい!

そんな焦る気持ちとはウラハラに凄い渋滞です…。

タクシーの運ちゃんのケツをサンパリンし、やっとの想いでマビニ へ到着しますた…。

まずはマネーチェンジをする為、エドゼンへ行くと……。

はてはて?見覚えがある人がエドゼンの前で待っています。

「あっ!サイトゥーさんだ!」 ※彼はMAKUちゃんのお友達でサイトーさんと言う方です。

「どーも!ひさし…ぶりっス!」

サイトゥーさんとの再会&マネーチェンジも終えた所で今まで一緒 だった俊さんが、別の予定がある為ここでお別れとなりますた…。

「俊さーーん!お幸せに♪時間が空いたら合流しようね!」

その後、寝床となる『BOULEVARD MANSION』へ向かいバタバタ とチェックインし、部屋に荷物をぶん投げると お色直しもせずに、妙ちゃんご夫妻とLちゃんが待つ 『不夜城』へと歩いて行きますた。

ん~♪何ヶ月かぶりのマビニの通りは、相も変わらず排気ガスの 匂いでプンプンです。

暫く歩くと『不夜城』はあり、胸を踊らせながらドアを開けますた。

熱唱しています!Lちゃんが熱唱しています!

実にLちゃんとは1年ぶりの再会です! え~と?妙ちゃんはどの人かな……? あっ!もしかしてあの人が…。

ここピリピンにて初対面となる妙ちゃんは、思ってたより 若く(BOLABOLA)誠実そうな人(SIGURO)ですた。

奥様もきゃわいい人ですね(^-^)

そんな笑顔でトークを交わしてるさなか、僕の脳裏には ある一つの事が過ぎって仕方ありません…。

「こんな真面目そうな人が、あんな物を食べたり、 こんな物を飲んだりしてるのか…」

あー…。

アブノーマル バンザイ!!

実は僕、現地で普通のピンパブへ行ったのは初めてなんです。

いかがわしい店へは山ほど行ってる癖に…。

つう事で、ここ不夜城は『現地オフ会の場所』として、 強烈な思い出となりますた。

妙ちゃんとLちゃんは、ベロンベロンになって騒いでるし (どーやら彼らは昼頃から、今までずっと飲んでたらしい)

MAKUちゃんは『BU-LAKLAK』で咲き乱れ、そして伝家 の宝刀『キリキリ攻撃』でご満悦だし、狂ってしまいそう なほど楽しい夜は、どんどん更けていくのでありますた。

さぁ次回からは1つ目のキーワード『母乳』編を お送りします。

つづく